介護のキホン

【体験談】無資格・未経験でもOK|介護助手の仕事内容について解説!

はじめて介護職を行う上で「未経験」や「無資格」の場合、少し心配なこともあるでしょう。

あなたがこれからヘルパーの仕事を目指すうえで、まず「経験を積んでみたい」とお考えの場合、介護助手からスタートしてみるのもひとつです。

介護助手とは、現場で働く介護職員をサポートするスタッフのこと違う名前で「介護補助員」「介護補助者」とも呼ばれます。

介護助手のよい点としては、これからさらに高齢化が進み、介護のニーズが高まってくる日本において、大変注目されている職業である点。

さらにあなたが「介護の仕事」に向いているかを判断するための基準ともなるからです。

ここでは現役の介護職員である筆者が、個人の意見も交えて解説していきますので、ぜひご参考にしてください。

シカトル

介護補助は福祉分野で働くための第一歩

介護補助は無資格・未経験でも働くことができるため、「興味はあるけど自分にできるか不安。」「今まで全く関わったことのない分野だから心配」という方でも安心です。

なぜなら誤嚥や転倒など、要介護者のケアをするうえで多少のリスクがあるヘルパーの仕事ですが、

無資格・未経験の介護補助は、サポートに徹するため「介護福祉士」などのスタッフも一緒に対応してくれるのでこれについても心配なしです。

主な業務ですが、介護助手がどのような業務を行うかというと、上記にもある通り「介護スタッフのサポート」が主な業務になります。

介護補助ができる仕事
  • ご利用者様の話し相手・見守り
  • レクリエーション活動
  • 施設内の掃除
  • 食事の配膳 など

話し相手や見守りなどについては、「どうすればいいの?」と感じる方も多いかもしれませんが、心配いりません。

要介護の住居者と親身になって関わっていれば必ず良い関係を築け、いつの間にか楽しくお話しできるようになっていくでしょう。

見守りについても周りに介護スタッフが常駐しているので、何かあった際には対応してもらえます。
レクリエーション活動については、「楽しい雰囲気づくり」これさえ意識していれば問題ありません。

不思議と思うでしょうが、あなたが「ご利用者様と一緒に楽しむ」というのが一番大事なことなのです。

掃除や配膳については、普段家事をする人であれば普段の生活スキルをそのまま仕事に活かすことができますよね。なのでこの点はあまり心配しなくてもOKです。

育児中のお母さんをはじめ、ライフスタイルに合わせて働ける

さて、ここで働く側のあなたにとってどんなメリットがあるのでしょうか。介護補助のメリットを取り上げてみましょう。

介護補助のメリット
  • 働き方・働ける年齢が幅広いこと
  • 働きながら介護についての知識が得られること
  • やりがいを感じられる

以下で解説していきます。

その1.働き方・働ける年齢が幅広い


働き方が多様なことから、子育て中のママさんでも保育園に子供を預けている間に働けたり、「この日は午後からは予定があるから午前だけ働こう」といった、生活に合わせた働き方ができるため普段のライフスタイルを崩すことなく働くことができます。

さらに、介護士と違って身体的な負担が少ないため、幅広い世代が活躍できることから長く安心して働ける職種です。

その2.働きながら介護についての知識が得られる

直接的な介護業務は行いませんが、その業務を行う介護スタッフの仕事を身近に見ることができるので、働きながら介護についての知識・技術が向上することは大きなメリットといえます。

もしあなたが今後初任者研修や実務者研修を検討しているなら、実技の点でも先に実践ができるのは大きな魅力でしょう。

その3.介護職としてのやりがいを感じられる

ご利用者様と日々関わり、生活を支えている実感を得られるということは、福祉職で働く上での最大のメリットであると私は感じています。

正直、ヘルパーは辛いことや・苦しいことも多いです。

しかし、ご利用者様からの「いつもありがとう」「○○さんと話せて楽しい」などの声を頂いたりすることで得られる達成感・幸福感というものは他では味わうことのできないもの。

こういった一言をいただける仕事はめったにありませんし「働いていてよかった!」と心から思える職種であることは介護職で働く筆者の体験からも言えることです。

働きながら初任者研修を受けたい場合

 

介護補助として働くことには資格は必要ありませんが、介護現場で働く私としては「初任者研修」を受けることをおすすめします。

「介護職員初任者研修」とは、介護を行うための入門資格のようなものと考えていただくとわかりやすいかと思います。

この資格を取得することによって、「身体介護」を行うことができ、さらには介護への理解が深まるだけでなく、職場によっては手当てを受けられることもできます。

この資格は3か月ほどの講習を受けて、そのあとの簡単な試験をクリアすればよいということもあり、とても取得しやすいものとなっています。

介護職員初任者研修では福祉についての基礎的な知識、ご利用者様との接し方などを学べますし、資格を持っているということでご利用者様だけでなく、現場のスタッフからの信頼を得ることができるのは明白ですよね。

介護職員初任者研修の資格取得は難しい?合格率・難易度について

もしあなたが「働きながら資格を考えたい」とお考えなら、働きながら初任者研修が目指せる転職サイトやエージェントを使ってみるのもおすすめです。

とくに「かいご畑」などの転職サイトでは、ゼロ円で資格取得が目指せるので未経験でも働きながら資格も取ることができます。

【おすすめ!かいご畑の特徴】

介護資格が0円で取得できる!

短時間・残業なしなど、ニーズに合わせた仕事が探せる

専任コーディネーターがサポート!

対応エリア 関東、関西、東海、九州などの主要都市
求人件数 非公開求人を含めて約9,000件
紹介の多い施設 デイサービス、グループホーム、有料老人ホームなど
紹介勤務 正社員、契約社員、派遣社員、紹介予定派遣など
公式HP https://kaigobatake.jp/
Piyo
Piyo
無資格からスタートして介護の資格を目指せるのは嬉しいね!

おわりに

今後、高齢化がさらに深刻化していく日本において、介護の人材はすでに不足しているというのが現状です。

これからさらに介護へのニーズが高まっていくことは確実であるといえます。

この記事を読んでくださったあなたが、良い条件のヘルパー職をさがすきっかけとして、介護補助からスタートする方法もあることを覚えておいてくださいね。