介護のキホン

【初心者ヘルパー必見】介護の質を上げるQOL(クォリティーオブライフ)を解説!

あなたはQOL(クォリティーオブライフ)という言葉を知っていますか?

ひょっとすると、どこかで1度は聞いたことがある言葉かもしれません。

しかしどういう意味なのかをしっかり理解している人はあまりないのではないでしょうか?

介護の現場では、このQOL(クォリティーオブライフ)を重視する傾向が強くなってきています。
QOL(クォリティーオブライフ)を正しく理解することで介護の質を上げることができることでしょう。
この記事では介護の現場から見たQOLについて以下の2点について解説していきます。

QOL(クォリティーオブライフ)とはどういう意味?


まずQOL(クォリティーオブライフ)とはクオリティ、オブ、ライフの略で、日本語では生活の質、人生の質と言われます。

簡単に言うと、その人の生活の質が高いか低いかを図るための指標です。

昔の考えでは、健康とは単に身体的に安定している状態を指していましたが、QOLの登場により、身体だけではなく、生活の質全般が高くなければ健康とは言えないという考え方に切り替わってきました。

例えば身体が健康であっても、やりたいことができていない状態であれば、QOLは低い状態です。
しかし、あまり身体的に健康ではない状態でも、本人が満足のいく生活ができている場合、QOLが高い可能性もあります。

は社会的な人間として健康的な生活を送る上で欠かせないものとされています。

QOLにおける生活の質は主に3つ


QOLにおける生活の質は以下の3つの要素で構成されています。

  • 身体的な健康状態
  •  心理的な健康状態
  •  社会的な健康状態

これら3つが総合的に良い状態であれば、QOLが高い状態であるという事ができますし、総合的に低い状態であればQOLが低い状態であると言えます。

どれか一つが飛びぬけて高くても、他の要素が低ければQOLが低くなってしまう可能性もあります。

3つの要素の具体的な評価の一例は以下のようになります。

  • 身体的な健康状態は、身体に苦痛がないかどうか、満足な活動が行えるかどうか等といった事により評価できます。
  • 心理的な健康状態は、日常的に行う活動に満足感があるかどうか、生活にやすらぎや充実感があるかどうか等といった事により評価できます。
  • 社会的な健康状態は、経済的に充足しているかどうか、周囲との人間関係は良好かどうか等といった事により評価できます。

QOLは主観的な要素であるため、他者が客観的に判断するのは難しいです。

そのため、ヘルパーとして利用者のQOLを考える際は利用者に寄り添い、様々な観点から利用者の生活の質について検討する必要があります。

介護の視点から見たQOLについて大切なのは以下の2点です。

その1.要介護者のQOLを上げること

介護の目標のひとつは要支援者、要介護者のQOLを上げることです。

なぜなら介護が必要な状態は、人の手を借りなければ満足のいく生活を送ることができない状態、つまりQOLが低い状態だからです。

QOLの低い状態は、生活になんらかの問題を抱えているために発生している、と考えられます。

介護はそこに支援の手を差し伸べることで、生活における問題を解決し、QOLを高めることを目標としています。

認知症の要介護者を例にすると、具体的には以下のような問題です。

要介護者の問題
  • 薬の管理が自分で行えないので、適切な服薬ができず、持病が悪化する可能性がある。
  • 食事や水分が適切に摂取できないので、栄養失調や脱水になる可能性がある。
  • 他者とのコミュニケーションがうまく取れないため、孤独を感じる可能性がある。
  • トイレ動作や入浴動作に難があるため、清潔を保持することが難しい。
  • やりたいことがあるが、認知機能や身体機能の低下により実行できない。

このように問題点を解決することで、QOLは向上すると考えることができます。

ただし、利用者がどのような支援を必要とするかは、その人その人により異なりますので、一概にこの支援を行えばよい、というものではありません。

その2.身体的、心理的、社会的な健康状態を総合的に高める

QOLを上げるためには、利用者の身体的、心理的、社会的な健康状態を総合的に高めるように介護サービスを提供する必要があります。

どれか一つの要素が充足していても、他の要素が著しく不足していれば、生活の質は低くなってしまうからです。

身体が健康であっても、大きな悩み事があって精神的に不安定であったり、家族や隣人との関係が上手くいっていなかったりしていれば、生活の質が高いとは言えません。

例えば、利用者の身体的な健康を維持するためにリハビリを推し進めても、利用者がリハビリを望んでおらず、リハビリやスタッフとの関りに強い苦痛を感じているようであれば、QOLは下がっていってしまうという事です。

そのため、介護サービスを提供する際には、利用者が何を求めているのか、提供する介護が利用者にあったものなのか、といった点を慎重に検討する必要があります。

QOLを高めるために介護者が行えることは、具体的には以下のようなものがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

  •  利用者の意思を尊重し、利用者の要望や想いに寄り添ったケアを行う。
  •  社会的に孤立しがちな利用者には積極的に関わったり、他の人と関われるような環境や催しを提供したりする。
  •  清潔を保持し、身体的な苦痛をできる限り取り除く。

まとめ

いかがでしょうか。 介護におけるQOLですが、まとめると以下のような内容となります。

  • QOLとは、言い換えると生活の質であり、身体面、心理面、社会面の健康の度合いが、総合的に高いか低いかを測る指標である。
  • QOLを高めることは介護の目標のひとつであり、利用者が身体的、心理的、社会的に健康であるように介護サービスを提供する必要がある。
  • QOLは本人にしか測れない部分も多くありますので、他人がQOLを測ることはとても難しい。

根本には「どうしたらその人が幸せになれるのか?」という考え方があり、利用者ひとりひとりの幸せを考えることができれば、自然とQOLを高めるような介護が行えることでしょう。

ぜひ、今後のお仕事の参考になさってください。