介護のキホン

【初心者ヘルパー必見!】ブラック施設の見分け方とは?主な5つの特徴

介護職員初任者研修を終えて介護士として就職する上で一番気になることってなんでしょうか?

仕事内容や、人間関係ももちろん大切です。しかし、もっと大切なのが就職した施設がブラックかそうではないかという点にあります。

もしブラックな施設に就職してしまったとしたら大変!心も体もボロボロになってしまいます。

そこであなたが大変な思いをしないために、転職前に優良施設かそうではないのかを見極めるポイントをいくつかまとめてみました。

その1.介護職でのブラック施設は昇給がない

介護施設におけるブラックの見分け方の1つ目は昇給がないことです

勤続年数が高い介護士と新人介護士の給料が変わらないというケースや最悪、新人介護士のほうが給料が高いなんてこともあります。

その結果、ベテラン介護士はやる気をなくしてしまします。

これにより、両者に亀裂が生まれ、最悪いじめにつながる可能性もあるのです。

新人にミスがあると「私より給料もらっているんだから!」と、すぐにお給料の話をだしてくる人もいます。

このようなケースを回避するには、あらかじめ昇給があるかないかを確認しておくといいでしょう。

直接、施設の人に聞けない場合は介護業界で勤務している知人に聞くのも一つの手です。

その2.介護職でのブラック施設はパワハラ天国?

介護職員初任者研修を終え、介護施設に入った後のブラックの見分け方の2つ目はハラスメントがあるかないかです。

最低な行為とも言えます。ハラスメントは職場の環境が悪ければ悪いほど起こってしまいます。驚くほど仕事が忙しかったり人間関係のストレスが原因となる場合もあります。

さてそのハラスメントですが、主としては以下の行動のようなものです。

・身体を拘束する行為や暴力行為(身体的虐待)

・相手を侮辱するなどの行為(心理的虐待)

・介護を放棄する(ネグレクト)

身体拘束は命の危険があったりしなくてはいけない状態になった場合に一時的に行うものであり、それ以外の拘束は虐待行為にあたりますから、決して行ってはいけません。

その3.介護職でのスタッフの表情に注目

介護施設におけるブラックの見分け方の3つ目はスタッフの笑顔があるかないかです。

介護職員初任者研修を終え、就職先の施設を見学した際にまずスタッフの表情をみてみましょう。

介護職員はイキイキとした顔で働いていますか?それとも死んだ目をして慌ただしく働いていますか?

前者であれば問題はありません。

しかし問題は後者です。暗い表情で働いていることは何かしらのブラックな理由があります。

忙しすぎて仕事が回らない、パワハラがある、きついなどがその理由です。

見学に行った場合はぜひ、スタッフの表情にも注目してみてください。通常の施設であれば、笑顔か生き生きした表情で仕事をしているはずです。

その4.ブラック施設はいつも求人を出している

これはどの業界でも同じことですがいつも求人を出している、という点にも注目です。

勤務したいと思う施設はいつも求人を出しているところでしょうか?ブラック施設はいつも求人を出しています。なぜなら慢性的に人員が不足しているからです。

いつも人員が不足しているということは、待遇が悪い・人間関係が悪いなどの問題があって離職率が高いからです。

新しい人が入ってきたとしても、すぐに辞めてしまいます。そのような状態なので常に人手が足りていない状態です。だからいつも求人を出しているのです。

本当にいい施設は、すぐには求人を出しません。

ではどうして探すのかというと、知人の口コミや施設のホームページに記載されている可能性があるのでそこでみてみるとよいでしょう。

その5.介護職でのブラック施設はすぐに内定がもらえる

 

介護施設におけるブラックの見分け方の5つ目は、すぐに内定が出るかどうかです。

ブラック施設は、先ほどにも述べたように待遇が悪い・人間関係が悪いなどの理由から人手が不足しています。

そのため面接をするとすぐに内定がもらえる場合が多くあります。介護の経験があるかは見ておらず、猫の手も借りたいほど人でが不足しているのです。

もし、面接ですぐに内定がもらえた場合はブラック施設である可能性が高いので、注意が必要になります。

こういったブラック施設にひっかかりたくないという気持ちはあなたをはじめ、すべての方に当てはまると思いますが、

万が一「ひっかかってしまった」場合は、すぐに転職を考えたほうがいいでしょう。

ヘルパーでの転職はいまどんな職場も人手不足ですので、たとえ早期に辞めたとしてもすぐ仕事は見つかります。

ですが、またブラック施設に関わらない為にも、ぜひ良い仕事をあっせんしてくれるような転職サイトやエージェントを使って、丁寧に検討を進めてみてください。

【2020年度版】介護職専門の転職サイト&エージェントの評判や口コミまとめ「介護職向けの転職サイト(エージェント)はたくさんあるけど、どれを使えばいいかわからない」 「そもそも転職サイト(エージェント)は...

 終わりに

いくつかブラックな施設の特徴をご紹介させていただきました。

自分の働きたいと思った施設に上記のような特徴は見られましたか?思い当たる節があれば、いったん就職するのを一度見直したほうがいいでしょう。

また転職サイトなどに複数登録し、自分が思い描く「介護スタッフ」としての在り方を、いま一度キャリアアドバイザーとゆっくり話し合ってみるのもおすすめです。

介護は肉体的にも体力がいる仕事で「辛い」と感じる事もあるかもしれません。

ですが、他の業種では体験できないような気づきや喜びを与えられる稀有な仕事でもあります。

またあなたが「別の道」を考えられる選択肢があればあるほど、また別のステップを考えられますから検討してみるのもいいでしょう。

いずれにせよ、長期安定したよい仕事へのステップを着実に進んでいきましょう(^^♪

【資格取得で安定収入も】生活費の心配が無くなる、おすすめの資格4選どの職種でもそうですが「はじめての業種」に飛びこむ前には何かと心配がつきものですね。 とくにシンママ(シングルマザー)の場合、それ...

 

ABOUT ME
あゆむ
あゆむ
「いつもニコニコ」をモットーに、介護士としてターミナル・療養型の病棟勤務。現在は透析病棟で働く。毎日、仕事を楽しんでいます。その傍らで実際に介護士として働いて、気がついた魅力や苦悩をPCで発信。ジョギング、水泳、御朱印集めが趣味。