介護のキホン

訪問介護員(ホームヘルパー)とは?主な仕事、やりがいなど

初任者研修を修了後、施設以外での勤務も視野に入れている方もいるかもしれません。そのような場合、ホームヘルパーがまず考えられると思います。

ここでは、ホームヘルパーの仕事はどのような内容なのかご紹介します。

ホームヘルパーの仕事内容

訪問介護員(ホームヘルパー)は、自宅で暮らしている高齢者を訪問して介護サービスや家事援助サービスを提供する職種のことを指します。

介護保険上では「訪問介護員」とも呼ばれ、決められた時間に、要介護者の自宅を実際にうかがい、介護サービスを行います。

どのようなサービスを行うかはケアマネージャーとの相談になりますが、ホームヘルパーが行える内容は以下の3つとなります。

1.身体介護

排せつや食事、着替えなどの介助、入浴など、身体に直接触れて行うものや、これらにひつような準備や片付けが入ります。

サービスの一例

  • 食事などのサポート
  • 入浴での全身又は部分浴の介助
  • 入浴ができない場合などに体を拭いて清潔するためのサポート
  • トイレの介助、おむつの交換などのサポート
  • 病院へ行く際の歩行などの介助を行う
  • 服を脱ぐ、着替えるなどの介助
  • ベッド上など床ずれ予防をするため、姿勢を変えるサポート
  • 車いすなどに移動するための介助など

食事では治療食や流動食の調理などもする場合、また家の中での移動する際の介助をはじめ、薬を飲ませるなどの介助などもあります。

2.生活での介助

家事などの全般の支援となります。掃除や洗濯をはじめ、調理や買い物などをはじめ、支援者の薬の受け取りなども含まれます。

限られた時間の中で上手にやりくりして、いかに効率よく家事をこなすかがポイントとなります。普段から家事に慣れている場合には強みになるといえるでしょう。

3.乗車・降車、頼まれごとの介助

車などの送迎もホームヘルパーは行います。

例えば利用者を病院へ連れていき、車いすなどでの移動や受診手続きなどもサポートしていきます。

ヘルパーは自立支援をするもの

どの仕事においても、介護の仕事では「自立支援をする」ことがベースです。

ただできない要介護者を支えるのではなく自立支援。介助することで自律の心が芽生え、介護者のモチベーションが上がるよう、本人が自らが工夫するように促すことが最大のミッションです。

身体が思うようにならないもどかしさは本人が一番知るところ

そこで介助者のサポートによって心の負担を軽減することができれば、介護士として一人前になったといえるでしょう。

ホームヘルパーは「初任者研修」の資格が必要

訪問介護員(ホームヘルパーに)になるためには、介護職員初任者研修を受講し、修了証明書の交付を受けることは必須となっています。

当サイトでもご紹介しているように、介護職員初任者研修を修了するには、指定の民間の養成研修機関や地方自治体が主催するスクールに通い、証明書をもらう必要があります。

都道府県別|介護職員初任者研修の資格取得を目指せるスクール紹介学校選びを行う上で資料請求は欠かせませんが、自宅の近くの介護職員初任者研修を受講できるスクールはどれくらいあるのでしょうか? ここ...

訪問介護員の適正について

ホームヘルパーは場合によっては車の送迎などもあるため、向き不向きがはっきりしている職業です。

要介護者との相性をはじめ限られた時間のなかで介助をするなど、スピードと判断力が必要になります。

ただし、個人個人とのお付き合いが多くなるため、非常にやりがいもあるといえるでしょう。

自分のなかで満足できるポイントがあるかが、ホームヘルパーの適性のカギとなりそうです。

おわりに

特定の施設とは違い、自宅に伺って介助をするホームヘルパーは車の送迎など移動などの時間があり、最初はやりにくさを感じるかもしれません。

しかし、慣れてくると誉めていただいたり、お客様の笑顔を見れたり、ありがとうと言われたりとても感謝されることが続くようになります。

これから初任者研修を受け、介護職に就かれる方も、ぜひホームヘルパーを視野に入れてみてはいかがでしょうか?