介護のキホン

はじめての介護職を辞めたくなる5つの理由。体調管理や人間関係など

どんな仕事をしていてもそうですが、辞めたいと思う時ってありますよね。

介護の仕事においてもそうです。夢を持って介護の世界に飛び込んだとしても辞めたくなる時はあるのです。

さて、それはどんな時でしょうか?今回は介護職を辞めたくなる理由を5つ紹介していきましょう。

その1.体調がすぐれない

介護の仕事をやめたくなる理由の1つめは、体調がすぐれない時です。

介護の仕事は肉体労働がメインです。入浴介助やオムツ交換など、体を使う仕事が多いので、どんなに気を付けていたとしても腰やひざ、手首などを故障してしまうことがあります。

その怪我が一時的なものならいいのですが、慢性化してしまうと大変です。

仕事をするたびにつらい思いをしなくてはなりません。テーピングやコルセットをしたとしてもしんどいなと感じる人もいるでしょう。

また夜勤のある仕事のため、どうしてもこの日は昼間働いて、次の日は夜働いてと変則的な勤務にあってしまいます。

体調管理はスケジュールをいつもチェックする。疲れたら休むなど自分なりの工夫をして次の日に備えます。

また腰などの予防には、ご紹介した5つのアイテムのコルセットが役立ちます。

介護士が使う道具|実践に役立つ5つアイテムとその理由介護職員初任者研修を終え、いざ介護士になってから必要なものってなんでしょうか? ボールペンとメモ帳はわかりますよね。それ以外にも持...

その2.想像と現実が違った

介護の仕事をやめたくなる理由の2つめは理想と現実が違うからです。

介護の仕事は多忙ですし、要介護者と接するお仕事なので手を抜くことが許されません。

定時の業務をするだけで一日が終わってしまうことも多々あります。

食事も食べさせて終わりになってしまうことや、レクリエーションの時間がなかなかとれない、というケースもよくあります。

せっかく介護職員初任者研修を終え、期待に胸を膨らませて入ったのに「寄り添えていない」「理想と違った」と思う場合も少なくはありません。

まずはその「忙しい現場」に慣れるのを目指す事が第一ですが、現場での忙しさは実際どうなのか。

まずは見学などでわかる部分だけは把握しておくとよいでしょう。

その3仕事が忙しいから

介護の仕事をやめたくなる理由の3めは、想像以上に仕事が忙しいからです。

先ほども述べたように介護の仕事はとても忙しいです。毎日毎日やることがたくさんあります。

朝出勤してきて、おむつ交換や食事介助から始まり、入浴介助やレクリエーションの仕事をこなさなくてはなりません。

また介護の現場は常に人手不足です。

ですから1人1人に掛かる仕事ははっきり言って多いです。毎日毎日、多くの仕事をこなします。

このようにあまりの忙しさに嫌気がさして「もう少し楽な施設に行く」と言って転職してしまうのです。そういってまた人手が減っていき、残った人の負担が増えていきます。

その4.シフトの希望が通らないから

介護の仕事をやめたくなる理由の4つめは、シフトの希望が通らないからです。

大体の場合は、希望休を月に3日はとってもいいと決まってはいますが、希望シフトを勝ち取るには早く希望の休みを申請したもの勝ちだったりもします。

特に子供がいる人は早めに予定が決まっていて希望休が取れますが、独身で若い人は難しい傾向にあります。

もしどうしてもこの日に予定を入れたい場合は上司に相談するか、スタッフ同士で休みを交換できるか相談してみるとよいでしょう。

その5.女性が多い職場だから

介護の仕事を辞めたくなる理由の5つめは、女性が多い仕事だからです。

介護士として働くのは主に女性が多いです。男性の介護士もいますが、割合的には女性のほうが大半になります。

女性が多い職場の場合、細かい点に気づく人が多いため言葉への注意が必要な場合があります。

とくに気を付けたいのが噂です。うっかり内緒で仕事の内容を先輩相談したことがウワサになる事もあります。

また、上手にやっていかないといじめや悪口の標的になってしまいます。

ターゲットになってしまったら仕事だけではなく、人間関係でも疲れてしまいます。このことから辞めてしまう人も少なくはありません。

女性の職場をうまく渡り歩いていくベストな方法は、悪口を言わない・悪口に便乗しない、客観的な視線を保つことです。

悪口は信頼を失うばかりか、結果として自分に返ってきます。対象にならないためには、注意していくのがベストです。

まとめ

介護士が辞めてしまう理由の5つをまとめてみました。

確かに、介護士はやりがいがあります。

しかし、このような理由からスタート時点で介護職を諦め、辞めてしまうスタッフも多く存在することはあらかじめ知っていた方がいいでしょう。

ですが、逆に非常に恵まれた環境にあり人間関係も良く、スタッフに恵まれ仲間同士、長い付き合いが続くといったケースもよく聞きます。

「介護職に疲れた」とならないためにも、ここで紹介した内容をふまえ、介護職員初任者研修を終えた後の施設見学でのチェックもぜひ参考にして、良い施設からのスタートを切ることも大切です。

体調管理にはくれぐれも注意し、気を引き締めて介護職をスタートさせましょう。

【はじめての介護職】ブラック施設の見分け方とは?主な5つの特徴介護職員初任者研修を終えて介護士として就職する上で一番気になることってなんでしょうか? 仕事内容や、人間関係ももちろん大切です。し...
ABOUT ME
あゆむ
あゆむ
「いつもニコニコ」をモットーに、介護士としてターミナル・療養型の病棟勤務。現在は透析病棟で働く。毎日、仕事を楽しんでいます。その傍らで実際に介護士として働いて、気がついた魅力や苦悩をPCで発信。ジョギング、水泳、御朱印集めが趣味。