介護職員初任者研修

初給与が気になる!介護職員初任者研修習得後の月給や年収について

介護初任者研修資格を取得後、晴れて介護職に就くあなたにとって、一番気になるところはやはり給料や年収ですよね?

また今後のスキルアップに「果たして役立つの?」など、介護職に不安を感じている方もいるかもしれません。

ここでは、これから介護初任者研修資格を取得し、どの程度の給料がもらえるのかを知りたいあなたへ、給与の相場と介護の仕事を長く続けるメリットをご紹介します。

介護職員の平均給与額について

厚生労働省の介護従事者処遇状況等調査結果(平成30年度調べ)によると、全国の介護職員の平均給与額は、年々増加傾向にあります。

詳細は以下の通りです。

介護施設全体の平均給与額 平均300,970円
補 足 (基本給の平均が181,220円、諸手当71,330円、賞与48,420円 計300,970円)

平成29年の平均給与額が290,120円ですから、平成30年度では300,970円と10,850円高くなっており、介護職の給与は平均30万円を超えています。

介護施設毎の給与比較

・介護老人福祉施設

常勤スタッフの場合 190,700円
非常勤の場合 148,890円

・介護老人保健施設

常勤スタッフの場合 177,180円
非常勤の場合 162,690円

・介護療養型医療施設

常勤スタッフの場合 154,470円
非常勤の場合 ー円

・訪問介護事業所

常勤スタッフの場合 184,740円
非常勤の場合 143,490円

・通所介護事業所

常勤スタッフの場合 175,990円
非常勤の場合 161,400円

・認知症型対応型共同生活介護

常勤スタッフの場合 168,280円
非常勤の場合 132,810円

(厚生労働省 平成30年介護従事者処遇状況等調査結果参照)

あくまでも目安ではありますが、介護の人材不足が叫ばれるなかで少しずつ上がっている傾向です。

施設により、給与面以外でも待遇改善策を打ち出しているところも少なくなく、退職防止に努める施設の増加していますし厚生労働省が最大3万7000円の介護報酬を出したりと、改善に努めています。

介護職員初任者研資格取得後の給与と年収は?

では、やはり介護職員初任者研修は取得した方がいいのでしょうか。

実際に介護士として働いたら、どの程度の給料がもらえるか気になりますよね。

調査によると「資格あり、ナシ」の場合ではこのような差が出ました。

・介護職員初任者研修などの資格無しの場合、平均給与額は261,600円

・介護職員初任者研修資格取得者の平均月収は285,610円(平均基本給与額は168,470円)

いかがですか?無資格者・介護職員初任者研修修了者では、24,010円もの違いが出てきます。

当然のことながら、資格なしの職員と介護職員初任者研修資格修了者も仕事内容はほぼ一緒です。やはり資格は得ておいてソンは無い、という事になりそうですね。

介護の仕事を長く続けるメリットとは?

介護職は実践に慣れることで得られるメリットがあります。そのうちのいくつかをピックアップしてみました。

・収入の安定

介護職は年齢制限もあまりなく、現場では幅広い年齢層のスタッフが活躍しています。

体力的には辛い面も多いですが、いざ仕事に慣れてしまえば長く続けられる上、その分給料も次第に上がってきます。

一般企業に比べ給料が低いと感じるかも知れませんが、営業や保険のセールスなど、ノルマや持ち出しの多い仕事に比べ仕事も安定していますし、社会保障もしっかりしている点が魅力です。

高額な給料は稼げませんが、しっかり働けば生活が安定するので介護職がシングルマザーに向いている理由のひとつです。

・年齢を重ねても働ける

先ほども述べましたが介護の仕事は、年齢を重ねても働けるのも大きなメリットです。

介護職員は20代から60代など、さまざまな年齢層の職員が働いていますし、定年後も働ける「継続雇用制度」を設け、人材確保にも努めている施設もあります。

介護職は身体が健康なら何歳になっても働けますし、勤続年数が長いほど給料も高くなる傾向も高いです。

・正社員雇用されやすい

最初はアルバイト・パート・契約・派遣社員での雇用でも、経験を積めば正社員雇用される可能性が高いのも、介護業界の特徴です。

早く正社員になり生活を安定させたい、ボーナスが欲しい場合、最初はパートや契約社員からの雇用でも、仕事を覚えこなしていくうちに正社員になれる可能性は他業種よりあるといえます。

また介護職の求人を探す際には「正社員雇用制度」があるかどうかをよく確認して下さいね。

・資格取得がしやすくキャリアが築きやすい

介護職が誰でもできると思われがちですが、れっきとした「技術職」です。

長く続けることで介護技術や資格を取得したりと、着実にキャリアアップしやすいのも、介護職の大きな魅力です。

介護業界は常に人材不足。そのため「少しでも長く働いて欲しい」「優秀な人材を確保したい」といった理由から、介護事業所側でも人材育成に力を入れている施設も多く、未経験から介護職に就いた方でも、頑張り次第で上のキャリアを築けます。

さらに介護職員初任者研修資格を修了し介護施設で3年以上実務経験を重ねた後には、「実務者研修」そして「介護福祉士」「ケアマネージャー」(介護支援専門員)へとスキルアップが望めます。

介護初任者研修資格を修了後、働きながら正社員になり基礎研修・介護福祉士・ケアマネージャーを取得するのは、介護業界において珍しくありません。

介護職員初任者研修からケアマネージャーになるまでのステップとは?「介護職員初任者研修」は介護の基礎知識や介護職員のスキルがあると証明する、厚生労働省が認可した資格であることは、もうすでにご存じの方も多...

特に社会福祉士やケアマネージャーを取得すれば、職場を選ぶ選択肢が増えますから、まずは介護福祉士を目標にし、まずは3年間がんばってみてましょう。

・転職しやすい

介護業界は他の業界からの転職も多く、たとえ未経験者でも転職しやすい業界です。

年齢問わず転職しやすいですし、未経験でも介護職員初任者研修資格を修了しておけば、介護未経験でも基礎知識があるとみなされますから、より転職もしやすくなります。

介護職員初任者研修資格で未来は変わる?

日本で最も人口の多い「団塊の世代」が2025年には75歳、つまり後期高齢者になるため、介護業界は55万人の介護人材が必要とされています。

介護職員の賃金格差の改善、キャリアアップを目的とした改善案などが厚生労働省より打ち出され今後の人材育成が急がれています。

介護職員初任者研修資格は、介護職の未来を目指すあなたにとって最初となる大事な資格です。自分の将来をしっかりみすえ、より良い給与の第一歩を目指しましょう!

都道府県別|介護職員初任者研修のスクール紹介学校選びを行う上で資料請求は欠かせませんが、自宅の近くの介護職員初任者研修を受講できるスクールはどれくらいあるのでしょうか? ここ...
ABOUT ME
satenten
satenten
半身不随の父の介護に奮闘中の元介護士。現在はwebライターとして老人福祉や障碍者関連・恋愛・婚活・副業などについて執筆しています。ハンドメイド(編み物、レジン)・海外ドラマ鑑賞・読書が趣味。