介護の職業

【ヘルパーの仕事】初任者研修後のエントリーから施設入社の流れについて

初任者研修のスクールで就職活動をされる人や、ハローワークを使う方もいるとは思いますが、最近では介護職を専門に取り扱う転職サイトも多くなってきました。

転職サイトを使う場合は、ハローワークや求人サイトと同様に無料で利用で登録できるほか、専門のキャリアアドバイザーが転職活動までのサポートをしてくれる点が大きな魅力です。

また、時に「非公開求人」を持っている転職サイトも多く、より好条件での転職ができる場合もあります。

ここでは転職サイトにエントリーした場合、どのような流れでヘルパーへの就職ができるかについてご紹介します。

 1.まずは介護専用の転職サイトにエントリー

最近では、「介護士専門の転職サイト」が多くなってきました。

そこで気になる転職サイトにまずはエントリーを行います。

最近ではどのサイトもスマートフォンから簡単に登録することが可能でおそらく1分から、長くても5分程度でエントリーは完了します。

ヘルパーなど、介護士専門の転職サイトのメリットですが、以下のような点があります。

・介護職に精通したエージェントが親身に相談してくれる

・初任者研修など、有利に働く資格が受けられることも!

・シークレット案件など、お得な条件の求人情報を多く持っている可能性も

また、エントリーは基本的にすべて無料となっていますし、守秘義務がありますから情報管理の点でも心配する必要もありません。

【2020年度】介護職専門の転職サイト&エージェントの評判や口コミまとめ介護職員初任者研修を修了し、いざ介護士やヘルパーとしての転職活動をしようとお考えの場合、ハローワークはもちろんですが、ヘルパーや介護士向...

 2.キャリアアドバイザーと条件を打ち合わせ

エントリー後、半日~1日くらいで、キャリアアドバイザーからの連絡が来ます。電話またはメールどちらかの連絡となるでしょう。

もしあなたが転職サイトの支社の近くにお住まいなら、ひょっとすると来店を求められるかもしれませんが、基本的には電話またはメールで就業したい施設の条件についてヒアリングを受けます。

そこで、エントリーを終えたらあらかじめ希望(エリアやキャリアプラン、夜勤がOKか、金額はいくらを希望かなど)を考えておくとスムースにヒアリングしてもらうことができるでしょう。

ここでの注意ですが、もしあなたがパソコンをお持ちではない場合、なるべくなら電話でのヒアリングをおすすめします。

スマホでは細かい条件を打ちにくいですし、声を確認することで向こうにニュアンスが伝わりやすい場合があります。

もし「1度だけでは伝えきれなかったかな。」と感じた場合には、再度連絡を取ってみるといいでしょう。

基本的にキャリアアドバイザーはあなたの条件にマッチした仕事を探したいので、嫌がることはまずありません。

 3.介護の仕事紹介へ

ヒアリングが終わるといよいよお仕事紹介となります。

メールで連絡が来る事もありますが、転職サイト側が急いでいる場合電話が多いでしょう。

条件については口頭で説明があるものの、履歴が残らないと後で後悔することもあります。可能であればしっかりとメモを取るか、あとから詳細をメールで届けてもらうようお願いしましょう。

条件面は大事なところとなりますので、不明点は必ず質問するようにしてください。

転職サイトではすぐに「エントリーしますか?」と聞かれる場合がありますが

よく考えたい場合には「1日考えます。」といいいったん電話を切りましょう。

そしてすぐに紹介してもらった施設の評判などを検索してみてください。ここで悪い評判が多いようでしたら、よく考えてから返事をした方が賢明です。

 4.仕事にエントリー


よい条件の施設があったらエントリーを転職サイト側へお願いします。

ここでは履歴書や職務経歴書の準備が必要となりますが、準備の段階で不明点があれば、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。

転職サイトによっては既定のフォームがある場合がありますので、こういった資料の書き方がわからない場合は丁寧に教えてくれるはずです。

履歴書の書き方は以下のページも参考にしてみてください。

ヘルパーを目指すうえでの履歴書|書き方や気をつけたいポイントなどどの仕事でもそうですが、ヘルパーなど介護職での転職の面接でも、必ずもっていくのが履歴書です。 かなりデジタル化が進んだ現代において...

 5.書類選考と面接

施設から面接日の指定があった場合、キャリアアドバイザーから連絡が来ますから、希望日を2~3日伝えて予約を入れます。

日程が調整がついたら、いよいよ施設への面接です。

当日はキャリアアドバイザーが同行してくれるケースがほとんどですが、まれに「直接行ってください。」と言われる場合もあります。

その時は自分で地図などを調べて10分前には到着するようにしてください。

面接については別ページでも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

介護職の面接で聞かれる質問|解答例や服装、その他気をつけたいこと人手不足の介護職ですが、いざ面接となると緊張するもの。また初めての場合どのような面接になるのか不安ですよね。 そこで、おすすめのス...

 6.面接後の結果報告

面接後1週間以内で、ほとんどの場合結果の連絡がキャリアアドバイザーから来ます。

この時ひょっとすると施設から何かしら質問を受ける場合もあるでしょう。(例えば夜勤をすぐできるか?など)

条件が希望通りであればよいのですが、ここで「少し違うな・・・」と感じた場合には、正直にその事を伝えます。

気を付けてほしいのが、面接にすぐ受かったからといって「イエス」と先走らないことです。
ひょっとすると悪い条件を押し付けられるケースもありますので、自分が願った通りの条件でOKなのか、念のため確認しましょう。

最悪少し安かった、日程の調整が必要そう。などの事が分かったら辞退する事も視野に入れます。

転職エージェントはあなたに希望通りの仕事についてもらうのが仕事ですので、断ることは悪いことではありません。おそらくすぐまた別のお仕事を紹介してくれるはずです。

 7.介護の仕事がスタート

条件もマッチし内定が決まりました!

先方からの希望入所日を提示されますので、それでOKかどうかを確認してください。もし調整が必要でしたら希望の日程をいくつかあげましょう。

また必要な資料等もエージェントから連絡があるかもしれませんので、準備の期間も忘れないでください。

 はじめて介護職で正社員を目指す場合

介護職員初任者研修を終えて、いざ正社員の仕事を探す際、まずエントリーしたほうがよいのが介護専門の転職サイトです。

転職サイトの最大のメリットは、あなたがスクールに通っている間にも仕事を探していてくれる点。

また無料で職務経歴、氏名、連絡先、職種などを入力して会員登録が行えます。

転職サイトによって取り扱う施設や給与形態が異なるので、複数にエントリーすることがおすすめ。

とくに地方などの場合「その地域に強い介護転職サイト」もありますから、あらかじめチェックしておくといいでしょう。

 おわりに

転職活動は履歴書の用意、面接など煩雑な準備が必要な期間です。

また先方の条件とこちらの希望が合わなくて、期待に胸を弾ませていたのに残念な結果だった。という事もあります。

ですが、自分が「コレ」と思う条件の仕事場に行かないと、後々長続きせず転職活動を繰り返すことになりかねません。

ある意味「お見合い」の気持ちで、焦らず理想の施設を見つけるまで地道に転職活動を続けてみてください。

【2020年度】介護職専門の転職サイト&エージェントの評判や口コミまとめ介護職員初任者研修を修了し、いざ介護士やヘルパーとしての転職活動をしようとお考えの場合、ハローワークはもちろんですが、ヘルパーや介護士向...