恋愛結婚・子育て

【両立もOK!】シンママが子育てしながら初任者研修スクールに通う方法

介護士を目指す人のなかには、お子さんを育てながら勉強をされているシンママも多いかと思います。
育児をしながらスクールに通うとなると時間の捻出もしなくてはならないうえ、いざ合格しても育児をどう両立させるべきかなども考えなければなりません。

そこで今回は介護職員初任者研修を目指したいと考えるお母さんに、子育てをしながら上手にスクールに通う、その後も仕事との両立をどうするか等のアドバイスを紹介します。

シングルマザーは周りの「巻き込み力」が勝負!

「介護をしたかった」「資格をとって安定したい」など、介護職員初任者研修を目指す理由はそれぞれですよね。

しかし憧れや夢の実現の前にはプライベートと学校の両立というハードルがあり、とくに実技のスクーリングを通うまでは育児と並行していかなければなりません。

最近ではシングルマザーの介護職の方も増えてきました。実戦で働いている方の多くは育児と両立を兼ねています。

介護士としての登竜門である研修中、とくにスクーリングの間も、いざ実践として仕事に就く前ではあるものの、子供を見てもらう必要があります。

とくにお子さんが小学校に上がる前であれば、保育園や家族などに協力をしてもらわなければなりませんので、スクーリングの際に誰かの協力が得られるかどうかで状況は変わってきます。

ちなみにスクーリングを行う時間帯は、夜間スクール以外の場合、9:00から17:00前後の場合がほとんど。

また母子支援制度における給付が行われているスクールがあります。まずはいくつかをチェックしてみるといいでしょう。

週何日かのこの時間帯で協力が得られそうな場所があったり協力などがあれば、介護職員初任者研修は比較的簡単にクリアできるといえます。

シンママは忙しい?自宅学習と育児のバランスについて

学校に通い始めると、日中は授業や実習を行い、帰宅後は自宅学習に時間を割くことになります。これによっていつもより子供と過ごす時間取れず、子供がイラついてしまう可能性があります。

このような場合には、まず最初に決めていたスケジュールを見直すことです。

最短(1か月)の合格を目指していた場合、もう少し学校に通う時間を切り直し子供に割く時間を優先させてあげましょう。

また自宅学習に関しては子供が寝た後や、朝早い時間、通勤時間などを活用して行うようにするとよいでしょう。介護職員初任者研修の場合、いわゆる「ひっかけ問題」はそれほど無いので、効率的にテキストを暗記してしまえば受かることがほとんどです。

 はれて介護職員へ。実践での育児を両立するには

介護職員初任者研修を無事合格。さあ、ここからが本気で育児とのバランスを考えなければいけない時といえます。

今介護の現状は働く側の人数がとても足りません。そしてヘルパーでも施設なのか在宅なのか、通所なのかでもだいぶ業務時間が違います。

せっかく介護職員初任者研修を受けたからには、ぜひ特養などで働いてみてほしいところですが、育児との兼ね合いをどう捻出すればよいでしょうか。

シンママの場合、ほとんどの人が保育所などに預けて出勤しますが、保育所などへの申請は正社員とパートではだいぶ差が出ますので、自分がどういう風に働きたいかをまずは考えておきます。そして、まずは最寄りの保育所をチェックしてみるといいでしょう。

また融通のきく訪問介護に就職する方法もあります

小さいお子さんがいる場合、この訪問介護を行っているお母さんも多いですが、訪問介護は仕事が断片的なのに加え中途半端な空き時間ができる場合がデメリットです。

こういった隙間時間を例えば子供のためなどに上手に使うことができる人であれば、育児との両立を上手くやれるでしょう。

また託児所が併設されている施設もありますから、気になる場合には一旦チェックしてみると良いかもしれません。

 やむ負えない時にはベビーシッターに依頼する

最初の頃はうまくスケジュールがとれず急に施設やスクールに行けなくなる事態に。という可能性も少なくありません。

そんな時には家事代行や「ベビーシッターに頼る」という手段もあります。

最近では、マッチングサイトからカンタンに家事代行やベビーシッターを依頼できるシステムも多くなってきました。

空いている時間に有効に家事代行やベビーシッターサービスを使うことで時間に余裕が生まれます。

1時間2,190円の家事代行サービスCaSy

・ベビーシッターや家事代行は料理や子供の勉強などにも役立つ

・急なお願いでも状況によっては対応してもらえる

・料金もリーズナブル価格で時間制の場合がほとんど

いかがでしょうか?

最初は慣れないかもしれませんが、効率的に介護職への道が目指せそうですね。

これからスクールへ通われる方は、ぜひ家事代行やベビーシッターを試してみるとよいでしょう。

シングルマザーが賢くベビーシッターを使うための方法やメリット・デメリット介護職をスタートさせたシンママにとって、まさに今は「猫の手も借りたい」ほどの忙しさなのではないでしょうか。 近くに親戚やサポートし...

 子育てしながら介護の仕事をする人は多い

介護の仕事は長期安定やスキルアップを望めるので、実際には多くのお母さんが介護職員初任者研修を目指して頑張っています。

そして、その先にある介護福祉士の国家試験を目指す方も少なくありません。

実際の現場でも、ママさん介護士が活躍している施設がほとんど。なので、逆に言えば子供が熱を出したりした場合にも、すぐにシフトを変更してもらえたりと理解しあえる場合が多いです。

育児と学校。仕事の両立大変な事ですが、ぜひ保育所や託児施設、家族などの協力を経て、研修修了を目指しましょう。

格安で資格をとる|一般教育訓練給付金と母子家庭自立支援給付金について大手スクールによっても初任者研修の価格帯は前後するところがありますが、厚生労働省が認定する給付金を推奨している場合、受講費用の一部が返還...