恋愛結婚・子育て

【手抜きしたっていい!】シングルマザーが仕事と育児を両立する為のアドバイス

いくら時間があっても足りないシングルマザーにとって、二つの両立はまさに「命がけ」の作業。

朝の支度から子供の送り迎え、そして仕事。

自分がヘトヘトだ、なんて言ってはいけないと思っている人も多いはずです。

シングルマザーは一人で立っている気持ちが強いため、子どもの病気や学校イベントなどの際に仕事を休むことができないと考えがちですが、果たしてどのように対応したらよいのでしょうか。

ここでは、シングルマザーからの実際の声を中心に、仕事と育児を両立する為のヒントを考えてみたいと思います。

仕事と育児を両立するシングルマザーの声

 体験談1.週に一度「思いっきりリラックス」できる日をつくる

タンポポさん(仮)/関東在住

≪1日の流れ≫

6時 起床。
7時50分 子供を学校へ、自分は夕食準備など家事、雑用を済ませる。
8時30分 会社に出勤。
15時~ 帰宅の用意。16:00までに帰宅を目指す。(15時30までに子供が帰宅するので、おやつを用意しておく。)
17時~ 一緒に夕食、その後は勉強を見たりテレビを見たりする。
21時 お風呂、その後一緒に就寝。

≪育児と仕事の両立で大変なところ≫

時短勤務をしているので、一番の問題が収入が少ないことですね。

さらに職場で他の同僚よりも早めに帰るので、何となく肩身が狭い思いをすることです。

子供が学校が通常より早く終わる水曜日は、学童なども利用できないので急いで帰宅しなければならないので大変です。

≪仕事との両立のために大切にしている点≫
時間にせかされると、忘れたり失敗することが多いので急がないようにしようと自分に言い聞かせることです。

そのため仕事がない土日などの週末は、子供と一緒に思いっきり寝坊をして、昼過ぎまで寝ていることもありそれが息抜きになっています。

≪シンママへのアドバイス≫

収入を確保することが大事なのは理解できますが、仕事よりも一番大事なのは子供だということを忘れないことです。

私の場合は収入が厳しいですが、それだけ時間優先で子供と一緒にいる時間を多く確保しています。

またゆっくり眠ることが大事なので、週に一度はゆっくり休む日を作っておくと結構頑張ることができます。

外食は子どもが喜ぶので、週1や月2回のペースで利用することも大事です。

とくに「ランチバイキング」のあるレストランのクーポンは必ずチェックして、利用できる時は必ず使っています(^^♪

 

 体験談2.散らかしてもOK!惣菜も利用。とにかく時間を確保する

ヒマワリさん(仮)/北海道在住

≪1日の流れ≫

6時 起床。自分の弁当作り、朝食の準備。
7時30分 子供を学校へ送り出し。
8時 会社に出勤。17時まで仕事。
18時~ 帰宅。夕飯作りや洗濯、掃除、入浴、子供の勉強を見ます。
21時 子供が就寝。
23時 片づけなどを終わらせTV。就寝。

≪育児と仕事の両立で大変なところ≫

仕事と家事ですごく疲れてしまって、子供のことをしっかり見ることができていないと思う瞬間があります。

例えば、子供が学校の授業についていけていないことを知った時、自分が毎日勉強を見てあげていないからだと思うので、例えば惣菜を買うなど家事などの時間を簡単にして、勉強を見る時間を作ります。

≪仕事との両立のために大切にしている点≫
子供が寝てから少し自分の時間があるので、できるだけ嫌なこと、不安なことは考えないようにして録画してドラマを見てストレス発散しています。

あと、ハーブティーやアロマオイルに興味があります。

寝る前にハーブティーを飲んだりアロマオイルを湯舟に垂らして、半身浴をするとすごくストレス発散になります。

明日も一日頑張ろうって思えますし、リラックスしてぐっすりとよく眠れます。

ハーブティーに関するおススメのコンテンツ

≪シンママへのアドバイス≫

シンママは絶対に1人で頑張りすぎないことだと思っています。

1人で溜め込まないで両親や姉妹、友人などに愚痴を言ったり助けてもらいましょう。

部屋がぐちゃぐちゃでもスーパーでのお惣菜を子供に与えても疲れているからいいんです!

その分子供と楽しく会話をする時間を作りましょう。時々ちょっと高価なケーキなどを買って食べると気分が明るくなれますよ。

 体験談3.頑張りすぎず、休日は子供と思い切り遊ぶ

ヒナギクさん(仮)/愛知在住

≪1日の流れ≫

6時30分 起床。
7時15分 身支度・食事、子供を部活朝練へ送りがてら出勤。
17時30分 帰宅、夕食の準備
19時半 夕食片付け・翌日の朝食・お弁当などの仕込み
21時 入浴
22時~ 洗濯や片づけをしお風呂。その後就寝。

≪育児と仕事の両立で大変なところ≫

子どもの部活や習い事などの予定と自分の予定がブッキングしてしまったとき。代わりに迎えなどに行ってくれる人がいない時には困りますね。

幸い両親が近くにいるのでよく助けてはもらっています。

≪仕事との両立のために大切にしている点≫
休みの日は仕事から完全に離れて、子供と過ごすことを第一に考えて過ごしています。
また、平日のランチの時には友達と楽しむなど大人の時間も大切にしています。

≪シンママへのアドバイス≫

すべてを完璧にしないことです。
私の場合は食事ですが、栄養面には気を付けてますが、時間のある時はきちんと作る、そうでないときは冷凍食品に頼ったり、常に冷食の夕食用食材をストックしておくようにします。

あと洗濯などの家事は寝る前にやる習慣にしているのと、掃除は休日午前中にできるだけをやる。

多少散らかっていても仕方なし。とにかく子供の時間を捻出できるよう頑張っています!

おわりに

シンママはほとんどの場合「一人だからこそしっかりしなくては!」と家事にもパーフェクトを求めている場合があります。

ですが、家事も仕事も人生において長い時間を要するからこそ、どこか「手を抜く」ためのテクニックも必要です。

最近では家事代行やベビーシッターなどのサービスもありますが、そういったサービスを使って忙しさを乗り切ってみても良いかもしれませんね。

1時間2,190円の家事代行サービスCaSy

完璧を求めすぎず、ぜひ一度自分が「よし」と思える「手抜き」テクニックを伝授し、仕事と育児のバランスを上手にとってみてください。

シングルマザーが賢くベビーシッターを使うための方法やメリット・デメリット介護職をスタートさせたシンママにとって、まさに今は「猫の手も借りたい」ほどの忙しさなのではないでしょうか。 近くに親戚やサポートし...