介護の資格・取得

介護福祉士になる為に「初任者研修と実務者研修」が必須なのか?を解説

介護福祉士は国が定めた国家資格であり、介護現場の第一人者を表す資格です。
給与面や待遇面でも大きく優遇され、収入の大幅な上昇が見込める他、キャリアアップの展望も開けます。

もしあなたがヘルパーとして長く働いていくのであれば、ぜひとも取得したい資格であると言えます。

なぜなら介護福祉士を取得すると、給与面のアップや、ヘルパー以外の職種にも道が開けるからです。

しかし、介護福祉士になるには特殊な手順が必要です。
介護福祉士取得のためにはいくつかコースがありますが、初任者研修や実務者研修は、介護福祉士の登竜門でもあります。

それでは、さっそく介護福祉士についてご紹介していきます。

シカトル

介護福祉士を取得することによるメリットは3つ

介護福祉士のメリットですが、大きく分けて3つあります。

  1. 介護の知識が深まる
  2. キャリアアップにつながる
  3. 給料アップにつながる

それぞれ簡潔に解説します。

1.介護の知識が深まる

介護福祉士を取得すると介護への知識がグッと深まります。

介護福祉士を取得するには試験に合格しなければいけないため、その過程で介護に関することをしっかり勉強する必要があるからです。

介護現場で必要な知識はもとより、ケアマネジャーや生活相談員に通じる知識も勉強することができます。

資格の取得を通して介護関連の知識が深まることは、介護福祉士の大きなメリットのひとつでしょう。

2.キャリアアップにつながる

介護福祉士になると、その先のキャリアへの道が開けますが、具体的なキャリアについては以下のようなものがあります。

  • ケアマネジャー
  • 訪問介護事業所のサービス提供責任者
  • 介護施設の役職者
  • 介護施設の施設長
  • 独立して事業所を運営する

いまのあなたにとっては大変だったり敷居が高かったりするキャリアではありますが、大きくステップアップできるチャンスばかりです。

介護の仕事に一生携わっていきたいのであれば、上記のようなキャリアアップを考えていくと良いでしょう。

3.給料アップにつながる

これが一番大切かと思いますが、介護福祉士の資格を取得すると給与アップが見込めます。

資格手当や処遇改善手当がアップする可能性が高いですし、最近だと勤続10年を超える介護福祉士には特定処遇改善加算により8万円の手当が支給されます。

無資格の介護士と介護福祉士を比べると、月給ベースで6万円ほど給与に差があるという情報もあります。これを年収に換算すると72万円です。

介護福祉士を取得している人は勤続年数も長くなっているはずなので、無資格未経験の人よりも給与ベースが上昇している可能性が高いと考えられます。

しかし勤続年数を考慮しても介護福祉士になると収入が大幅に上がることは間違いありません。
また、介護福祉士になる過程で取得した介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修の資格による給与アップも収入にプラスに働いてくれます。

初任者研修や実務者研修も決して安くはありません。

ですが介護福祉士になるためには資格を1つずつ積み上げて取得することに見合うだけの大きなメリットがあると言えるでしょう。

介護福祉士になるためには国家試験を受けることが必要

介護福祉士になるには国家試験に合格することが必要です。

さらに試験を受験するためにも条件があり、一般的には以下の二つの条件を満たす必要があります。

  1. 介護現場での実務経験を3年以上
  2. 介護福祉士実務者研修の資格を取得

どう考えても初任者研修よりもハードルが高く、かなり準備が必要ですね。

3年の実務経験は働いてさえいれば達成することができますので、あまり難しく考える必要はないでしょう。

しかし、介護福祉士実務者研修に関しては、介護についての専門的な内容を履修しないと取得することができないので、計画的に資格を取得することをおすすめします。

また、介護福祉士の試験の合否には介護福祉士実務者研修の理解度が大きく関係していますので、しっかりと内容を理解して資格を取得する必要もあります。

ちなみに、2021年度の介護福祉士の受験日程は以下の通りです。

第33回介護福祉士国家試験
  • 筆記試験:令和3年(2021年)1月31日(日)
  • 実技試験:2021年3月7日(日)に実施予定。

介護福祉士になるには実務者研修は必須

先ほどもご紹介しましたが、平成28年度から介護福祉士の受験資格として、実務経験3年以上に加え『実務者研修』の修了が必須となりました。

介護福祉士の受験資格には介護福祉士実務者研修の資格が必須となります。

そのため、ヘルパーとして間もない人や介護の経験の浅い人は、まず介護職員初任者研修で介護の基礎的な内容を学習してから、介護福祉士実務者研修を習得し、より効果的に介護の知識や技術を習得することがおすすめです。

ステップとしてはまずは介護職員初任者研修を取得し、次に介護職員実務者研修を取得するという資格の積み上げが効果的であると言えます。

まずは介護職員初任者研修を目指す!

まずは介護の基礎的な内容である介護職員初任者研修の取得を目指しましょう。

なぜなら介護職員初任者研修はこれから介護の仕事を始める人や、介護初心者で介護の基礎を学びたい人にピッタリの資格だからです。

この資格を取得すると、介護の知識や理念、人間の体の仕組み、基礎的な医療知識といった介護の基礎的な知識や技術を勉強できます。

これらの基礎を学んでおくことで、上位の資格である介護職員実務者研修や介護福祉士の勉強を行う際に、内容をより深く理解することができることでしょう。

また、介護職員初任者研修を取得すると、訪問介護員として働くことができる、資格手当がもらえて給与アップが見込めるといった待遇面での優位性もあります。

難しい資格ではありませんので、介護現場で働いていくならば、まずは介護職員初任者研修の資格を取得すると良いでしょう。

次に介護福祉士実務者研修を積み上げる!

介護職員初任者研修の資格を取得したら、次は介護福祉士実務者研修の取得を目指しましょう。

介護福祉士実務者研修は介護福祉士になるための受験資格であると同時に、高度な介護の知識と技術を学んだ人であることを証明する資格だからです。

介護職員初任者研修と比べると、学習する内容がより専門的になることに加え、医療的なケアである喀痰吸引や経管栄養の研修も行います。

研修内容には介護福祉士の試験内容とも重複する箇所が多いので、実践的な知識を数多く身につけることができることでしょう。

介護福祉士実務者研修の資格を取得すると、訪問介護事業所のサービス提供責任者になれる他、資格手当による給与アップを見込むことができます。

介護職員初任者研修を取得したら、是非とも介護福祉士実務者研修の取得も目指しましょう。

まとめ

介護福祉士になるために資格の積み上げが大切な理由はご理解いただけたでしょうか?

簡単ですが、振り返りです。

  1. 介護福祉士になるためには、介護現場での実務経験を3年以上積んで、介護福祉士実務者研修の資格を取得する必要がある。
  2. 介護職員初任者研修を取得すると、基礎的な介護の知識が身につくため、介護福祉士実務者研修の取得に有利になる。
  3. 介護福祉士実務者研修を取得すると介護福祉士の受験資格を得られる。
  4. 介護福祉士になると、専門的な知識を身に着けられる他、キャリアアップや給与アップを狙うことができる。

無資格未経験から介護福祉士になるには資格を積み上げていくのが一番です。

資格を取得するためには時間や費用が掛かりますし、介護福祉士の試験に受かるためには勉強もしなければいけません。

しかし、介護福祉士になれば頑張っただけの成果が必ず身についてきます。介護の仕事を続けていくなら、是非とも介護福祉士の取得を目指してみてください。

介護福祉士実務者研修とは?介護職員初任者研修との違いや資格内容について介護職員初任者研修を目指す方の中には「一緒に介護福祉士実務者研修の資格を取りたい」「興味がある」という人も多くなってきました。 介...

未経験からヘルパー資格を目指す際「実務者研修」「初任者研修」の資格があると何かとオトク(^^♪

  1. はじめて介護のお仕事での面接でも有利に進められる
  2. お給料面でも「未経験」に比べて高い!
  3. 実践面ですでに研修しているから「安心して」現場に入ることができる

介護の資格取得スクール資料は無料!一括でまとめてお申し込みが可能です。

≫無料で資料を一括請求、詳細はこちら