介護のキホン

【持ち上げない介護】ノーリフティングケアで腰痛を予防しよう!

あなたはノーリフティングケアを知っていますか?

ノーリフティングケアは近年話題になっている先進的な介護の考え方です。介護者への負担を減らし、腰痛や事故を防ぐ効果が注目を集めています。

これから介護職に就かれる方のなかで、一番多く聞くのがこの「腰痛になった」という声です。あまりにひどい腰痛に陥った場合、やむなく介護職をお休みする…といった事にもつながりかねません。

腰痛に悩まされることなく介護の仕事ができるようになったら嬉しい限りですよね。

そこで今回はノーリフティングケアについて、メリットや実践的な取り組み方を解説します。

初任者研修

ノーリフティングケアは腰痛予防を目的としている

ノーリフティングケアは介護者の腰痛予防を目的としたケアメソッドです。腰痛による離職が深刻なオーストラリアで考え出されました。

ノーリフティングケアの導入により、オーストラリアでは労災申請や移乗介助時の怪我が減少しています。

日本でも介護職員の腰痛が問題視されており、腰痛改善に向けた取り組みとしてノーリフティングケアが注目されています。

ノーリフティングケアの概要

ノーリフティングケアの基本は福祉用具を活用し、無理な姿勢でケアを行わないことです。
具体的には次の5つの動作を人力ではなるべく行わないことを目指します。

5つの基本動作
  • 押す
  • 引く
  • 持ち上げる
  • 運ぶ
  • 体をねじる

上記の動作は特に介護度の高い利用者を移乗介助する際に行われます。

例えば介護度の高い特別養護老人ホームや老人保健施設では身体に負担のかかる動作が日常化しており、腰痛が深刻な問題となっています。

ノーリフティングケアでは抱える動作を控え、リフトや移乗用のボードを使用するのが特徴です。

適切な福祉用具の使用により、無理な姿勢や身体に負担のかかる動作を減らし、腰痛予防に高い効果が期待されています。

国や自治体がノーリフティングケアの導入を推進していますが、導入コストや指導者の不足から全国的に浸透しているとは言えないのが実態です。

介護現場の腰痛問題は深刻な問題となっている


介護職員の半数近くが腰痛に悩まされているとも言われます。

介護現場では腰に負担のかかる業務が多く、特に無理な動作や姿勢が腰痛の原因です。

具体的には長く前傾や中腰の姿勢を維持していたり、介助の際に腰を捻ったり伸ばしたりする場合に腰に強い負担がかかります。

現場で行われている対策は定期的な健康診断や始業前のストレッチの推奨、正しい介護技術の習得などです。

腰痛対策は個人の努力に頼っている状況であり、抜本的な改善は難しい状況にあります。

厚生労働省としても平成25年の腰痛予防対策指針の改定や様々な発信により職場の腰痛対策に乗り出していますが、目立った成果は挙げられていません。

ノーリフティングケアが解決できること

ノーリフティングケアの理解をすることで、介護現場の腰痛問題を解決に導くことができます。

適切な設備の導入や福祉用具を活用することにより、個人の努力のみに頼ることなく組織として腰痛問題に対応できるからです。

介護の仕事は腰痛が発生しやすい業態でありながら、腰痛への対策はほとんど個人の努力に任されています。

ノーリフティングケアでは、設備や福祉用具といった介護事業所側の観点から腰痛対策にアプローチをかけることが可能です。

あなたがどれだけ腰痛予防をしても、やはり努力のみに頼った腰痛対策は限界があります。福祉用具を適切に利用できる環境を作って事業所全体で腰痛対策に取り組んだ方が、大きな効果を上げられることは明確でしょう。

ノーリフティングケアのメリット

ノーリフティングケアには3つのメリットがあります。

  1. 介護者の腰痛予防が期待できる
  2. より安全に利用者の移乗介助が行える
  3. 利用者の自立支援に繋がる

順番に見ていきましょう。

1.介護者の腰痛予防が期待できる

ノーリフティングケアでは介護者の腰痛予防が期待できます。

なぜなら福祉用具を適切に使い、介護者の身体に無理な負荷がかからないケアを行えるからです。
福祉用具を使うことが前提ではありますが、ケアの際に無理なく効率的な動きを行うことで、自然と身体に負担のかからないケアを介護者が体感できるメリットもあります。

適切な福祉用具を適切な指導の下で運用できれば、介護者の腰痛の多くを予防することができるでしょう。

2.より安全に利用者の移乗介助が行える

ノーリフティングケアは従来の方法よりも安全に移乗介助を行えます。

なぜなら個人の技術や経験に頼ることなく、福祉用具のサポートで利用者の身体を支えることができるからです。
人力での移乗では様々な要素が事故のきっかけとして関わってきます。

事故になりやすいパターン
  • 介護者の不注意や体調不良
  • 利用者のその時の身体や精神の状態
  • 介護者の知識や技術の不足

介護者のコンディションは一定ではありませんし、利用者の状態はその日その時で変わる場合もあります。

また、介護者の得意とする技術がその利用者に合っていない場合や、介助者がその利用者に対する適切な知識や技術を身に着けていない場合もあるでしょう。

しかしノーリフティングケアでは、移乗介助に使用する福祉用具のコンディションは常に一定ですし、介護者の技術はあまり問題になりません。

また福祉用具が利用者の身体を支える役目を担っていれば、介護者は余裕をもって利用者の安全に気を配ることができ、事故の防止にも役立ちます。

適切な福祉用具の使用は介護者の身体だけでなく、利用者の安全を守ることにも繋がるのです。

3.利用者の自立支援に繋がる

ノーリフティングケアは人力に頼ったケアよりも生活の質の向上や自立支援の効果が期待できます。なぜなら福祉用具を適切に使用することで介護者による過剰介助を防ぎ、利用者の身体機能を活用した利用者主体の介助が行えるからです。

介護現場では介護者は利用者に対して過剰な介助を行ってしまう傾向があります。

  • 過剰な安全配慮により立ち上がれる利用者を抱えて介助してしまう
  • 利用者からの要望を断り切れず過剰な介助をしてしまう
  • 効率を重視して全ての利用者に一律の方法で介助をしてしまう

人力に頼った介助だと介護者のさじ加減で過剰な介助を行ってしまう場合や、利用者の要望を断り切れずに過剰な介助を行ってしまう場合があります。

介護者の対応に差が出てくると「あの人はやってくれるのに、この人はやってくれない」といった不満が出てきやすく、ケアの方法が過剰介助に傾きがちです。

しかし適切な福祉用具を使用すれば、利用者の身体機能を活かした介助を安定して行うことができます。

利用者としても他人にお世話してもらっている感覚から、自分で行動している感覚になりやすく、自立への意識が高まる効果が期待できます。

実践的なノーリフティングケアの取り組み方

ノーリフティングケアを実践的に取り組むには、手ごろな福祉用具の活用が必須となります。
コストの高い大型の設備や新しい設備は導入が難しく、身近な介護材料や資源を工夫して使用する必要があるからです。

  1. ベッドと車いす間の移乗の際に移乗用のスライディングボードを使う
  2. 立ち上がりの際は掴まって体重を支えられるバーや手すり、ボードなどを使う
  3. ベッドとストレッチャー間を並行に移乗介助する際はスライディングシートを使う

スライディングボードやシートは比較的安価であり、導入が簡単な福祉用具です。

立ち上がりのサポートとしては動かない手すりや台座、介護者の身体も優秀な支えとなります。

福祉用具の正しい使い方を理解し、人体の骨格や機能を活かした介助を行うことで、高額な設備に頼らなくても介護者の負担軽減が可能です。

ノーリフティングケアの考え方を取り入れて、福祉用具の活用や介助方法の見直しを行えば、介護事業所全体として腰痛予防への意識を高めることに繋がるでしょう。

まとめ

ノーリフティングケアは腰痛予防だけにとどまらない先進的なケアメソッドです。導入できれば介護者の負担を軽減し、利用者の安全確保や自立支援にも繋がります。
現場の介護職や介護事業所にとって、メリットの大きいケアメソッドだと言えるでしょう。
新しい考え方を知れば自然と意識も変わってきます。

是非ともノーリフティングケアの考え方を取り入れて、介助方法や身体の使い方の見直しなど、小さなことから始めてみてください。

実務者試験